転職サイトVS看護協会

続いて、看護協会に入られている、看護師さんも多いかと思います。看護協会も、ハローワークと協力して、看護師の転職支援サービス「ナースンバンク」を運営しています。ここでいう転職サイトは、民間企業が運営していますが、ナースバンクは公共サービスなので、皆さんが支払っている税金により、運営しています。基本的な転職情報を紹介することにおいては、転職サイトもナースバンクも同じなのですが、転職サイトに比べ、ナースバンクは、公共サービスによっての運営なので、転職情報を紹介する以上のサービスを受けることができません。サポート面でも、専属のコンサルタントがつく、転職サイトの方が、圧倒的有利なのです。それは、転職サイトは、求職者の転職を成功させてこそ、利益があがるので、利益を得る為に、必死に皆さんの転職を支援してくれるというわけです。
また、好条件の求人などは、ハローワーク・ナースバンクへ募集する前に決まってしまいますよね。ここで、転職サイトでは未公開求人として、情報を得ることができるので、情報量・サポート面からいっても、ハローワーク・ナースバンクよりも、転職サイトの方がよりよい転職が可能になってくると考えます。

Copyright(c) 都内ナースになりたい!!. All Rights Reserved.